台風15号(コーニー)JTWC(米軍)、気象庁及びヨーロッパの最新進路予想の最新状況をお伝えします。

 
→ 一番最新の台風15号記事はコチラです。
 

台風16号もは日本から遠ざかる予想となっておりますが、台風15号に関しては九州沖縄地方へ直撃する予想が出ています。
 

気象庁、JTWCの実況では非常に強い台風15号は8/22現在、バシー海峡におり中心気圧は945hPa、最大瞬間風速60m/s(120kt)、最大波の高さは10.9m(36FEET)となっています。

 

JTWC(米軍)の5日間予報では台風15号は22日頃、台湾手前で進路を北向きに変え沖縄九州地方へ進む予想となっており、ECMWF(ヨーロッパ)10日間予想ではその後、日本海側へ抜け消滅する予想です。

 

1440113563YBRWrXlVy0k_3mi1440113562_

 


 

尚、Weather Undergroundの5日間予報では台湾手前でカテゴリー2で九州沖縄地方へ接近上陸する予想で、コンピューター予想(画像2枚目)でも同様の進路となっています。

wp201516_5day

wp201516_model


 

JTWC(米軍)台風15号情報

注意)時刻表記が協定世界時(文中表記はZ)となっているので、日本時間に直す際は+9時間して下さい。

wp1615

JTWCやECMWFの情報の詳細な見方を知りたい方は下記をご覧ください

JTWC米軍台風情報の見方の詳細解説を掲載!

ECMWFアジア台風情報(ヨーロッパ中期予報センター)の見方や精度!


台風15号各国機関台風進路予想図

GONI

引用:http://www.typhoon2000.ph/

 

各国気象機関略称

・HONG KONG(HKO)・・・香港天文台
・USA(JTWC)・・・ 米軍合同台風警報センター
・JAPAN(JMA)・・・気象庁
・BEIJING(NMC)・・・国家気象中枢
(国連各加盟国・地域における中核的な気象機関)

・TAIWAN(CWB)・・・台湾中央気象局
・KOREA(KMA)・・・大韓民国気象庁
・PHILI(PAGASA)・・・フィリピン大気地球物理天文局

 


海水温度状況

Weather Underground提供の8/20の海水温データを見ても、予想進路とされる南西諸島海域の海水温(緑枠)26℃前後(画像1枚目)、周辺海域の海水温差も±0℃(画像2枚目)なので、これ以上発達する事はないと思われますが、引き続きご注意ください。

wp_sst_mm_thumb wp_anom_mm_thumb

 

気象庁発表 台風15号予想進路

1515-00

リンク:http://www.jma.go.jp/jp/typh/


 

美人?可愛い?セクシー?どの気象予報士がタイプ?

台風情報と合わせて可愛い気象予報士さんをご覧ください♪

NHKで大人気の気象予報士井田寛子さん

朝の気象予報士と言えばこの人!渡辺蘭さん!

NHKニュース7の新女神!?菊池真以さん!