安食総子のカップや旦那、夫の情報!かわいいと評判!

 

安食総子女流初段は「あじあじ」の通称で知らていますが、将棋の腕前というより独特のキャラクターがうけています。

 

別名「将棋界の癒し系アイドル」。年齢的には完全にベテランながらアイドル的な扱いです。

 

「妖精を見た」とか「1日1回必ずものを落とす」とか、コメントの端々に天然さがにじみ出ており、このド天然さが安食総子さんの人気の秘訣です。

 

今回はそんな異質な女流棋士、安食総子さんについてご紹介していきます。

安食総子さんのプロフィール

 

名前 安食総子(あじき ふさこ)
本名:細川総子
生年月日 1974年5月2日
出身地 東京都武蔵野市
学歴 清泉女子大学
所属 日本将棋連盟
師匠 青野照市(9段)
身長 不明
カップ B~Cカップ?

 

女流棋士番号は22、血液型はA型で、趣味は野球観戦(大の西武ライオンズファン)と旅行

 

得意戦法は目標としている斎田晴子さんの影響を受けており、四間飛車が得意戦法となっています。

 

安食総子さんの経歴

 

安食総子さんは小学1年生から4年生まではブラジルで暮らしており、1992年に女流育成会に入会。

 

1998年には女流2級に昇級し、プロ入り、女流棋士となります。

 

2002年、女流1級に昇級し、2003年には女流初段となっています。

 

2008年1月、6年越しの交際を経てアマチュア強豪の細川大市郎さんと結婚します。

 

細川大市郎さんはリコーに勤務しており、強豪チームを引っ張っています。

 

ちなみにニックネームは「あじ夫」と頼りない雰囲気のニックネームですが、細川大市郎さん自身も多くの大会で優勝をしています。

2010年、NHK将棋講座「阿久津主税の中盤感覚をみがこう」の聞き手を務めています。

 

ブログによると、くまのプーさんが大好きなようで、プーさんグッズを集めているようです。

 

座右の銘は、一意専心、一隅を照らす。

 

そんな安食総子さんですが、子供の頃はバスの運転手野球選手になりたかったそうです。

 

現在でも野球が大好きで埼玉西武ライオンズの大ファンで、野手が辻発彦選手、投手では郭泰源選手が好きとの事。

 

そこからどうして棋士を目指したのかは不明です。

 

この独特のキャラクターでもっともっと棋界を盛りあげていってほしいですね!

 

そして、いろいろな面で将棋に係わっていってほしいと思いますが、これから先の安食総子さんのご活躍を期待しております!

 

美少女ユニットを結成していた事もある井道千尋女流初段のメイド姿も要チェックです♪

 

安食総子さん画像集

※クリックすると拡大します。

o0480036013532909425o0480064013271039407o0480064013289207341o0480064013601629818o0480064013601629850o0480085412469968978o0480085412559468721o0480085412588053281o0480085412599165516o0480085412722122406o0480085413034454354o0640048012637057039o0800060012802471997o0800060012873840723

 

引用:安食総子のゆっくりしていってね

 

まとめ

 

「あじあじ」の通称で知らていますが、将棋の腕前というより独特のキャラクターがうけている。

 

斎田晴子さんの影響を受けており、四間飛車が得意戦法となっている。

 

・1992年に女流育成会に入会、1998年に女流2級に昇級し、プロ入り女流棋士となる。

 

・2008年1月、6年越しの交際を経てアマチュア強豪の細川大市郎さんと結婚。

 

・NHK将棋講座「阿久津主税の中盤感覚をみがこう」の聞き手も務めていた。

 

・野球が大好きで埼玉西武ライオンズの大ファンで、野手が辻発彦選手、投手では郭泰源選手が好き。