中島美絵子のカップや囲碁成績は?旦那はいるの?

 

中島美絵子さんは小学1年生から囲碁を始めたという囲碁女流棋士で、落ち着いた雰囲気と優しい笑顔が好印象です。

 

髪の長さは肩までの頃もありましたが、腰ほどまである長い髪も印象的です。

 

また、視聴者にも受けが良く、そのためNHK杯の聞き手を異例ともいえる3年連続で務めています。

 

今回はそんなベテランの囲碁女流棋士、中島美絵子さんをご紹介いたします。

中島美絵子さんプロフィール

 

名前 中島美絵子(なかじま みえこ)
生年月日 1978年10月18日
出身地 東京都
所属 日本棋院東京本院
師匠 不明
身長 不明
カップ B~Cカップ

 

中島美絵子さんの経歴

中島美絵子さんは中学生で日本棋院生となり、2000年と2001年には全日本女流アマ選手権で連続優勝を飾っています。

 

2002年の日本棋院女流棋士採用試験では、プレーオフの末に勝利しました。

 

2003年4月に入段し、プロ入りをしていますが、24歳ですから女流棋士としては遅咲きの部類になるでしょう。

 

2004年と2005年にはNHK杯戦の棋譜の読み上げを担当し、2006年から2009年まではNHK杯の聞き手を務めています。

ちなみに2008年にはNHK杯で記録係を務める安藤和繁三段と結婚し、2009年には双子を出産し二児の母となりました。

 

2011年にはタモリ倶楽部に出演しています。

 

司会や聞き手でテレビに出演することが多く、囲碁の実力ではなかなか苦戦しています。

 

タイトルはまだ手にしておらず、囲碁の大会においてそこまでの活躍はしていませんが、囲碁の普及に一役を買ったのは確かです。

 

中島美絵子さんの淑女の雰囲気に囲碁に興味をもった方や、ファンになった方も多かったと思います。

 

結婚されて落胆したファンも多かったでしょうが、堅実な中島美絵子さんらしく、その後の結婚生活も順調に過ごされている様子です。

 

今後も囲碁女流棋士として活躍し、タイトルを奪取してくれることを期待しています!

 

26歳の若き囲碁女流棋士で可愛くて強いと人気の謝依旻さんも要チェックです♪

 

中島美絵子さん画像集

※クリックすると拡大します。

111006002111006003andonakajimaDSCN3219image_01 (1)image_03P2268823P2268857d0090171_124333612011ny0012011ny00220120516_nak00120120516_nak00320120516_nak00420120516_nak00520120516_nak00620120516_nak00720120516_nak00820120516_nak00920121001_nakcs00120121001_nakcs00220130516_nak00120140601_if006111005001111005002111005012111006001image_04d5d002df_640IMG_1748image_0120080404203620138140704820605249226o0405072012991727081

引用:囲碁将棋画像ブログ,パンダネット,オヤジのボヤキ帳

 

まとめ

 

・小学1年生から囲碁を始めた。

 

視聴者にも受けが良く、そのためNHK杯の聞き手を異例ともいえる3年連続で務めている。

 

中学生で日本棋院生となり、2000年と2001年には全日本女流アマ選手権で連続優勝を飾っている。

 

・2002年の日本棋院女流棋士採用試験では、プレーオフの末に勝利。

 

・2003年4月に入段し、プロ入りを果たす。

 

・2008年にはNHK杯で記録係を務める安藤和繁三段と結婚。

 

・2009年には双子を出産し二児の母となった。