吉田美香のカップや囲碁成績は?結婚はしているの?

 

吉田美香さんは耳が隠れるぐらいの長さの黒髪に端正な顔立ち、関西一の美女棋士として名高い女流囲碁棋士です。

 

生粋の関西人で、そのまま関西棋院に所属し、1993年には関西棋院初となる女流本因坊というタイトルを獲得しました。

 

今回はそんな大ベテラン棋士、吉田美香さんをご紹介いたします。

吉田美香さんプロフィール

 

名前 吉田美香(よしだ みか)
生年月日 1971年2月12日
出身地 大阪府
所属 関西棋院
師匠 水野弘士 九段
趣味 中国語、温泉
身長 不明
カップ B~Cカップ

 

吉田美香さんの経歴

吉田美香さんは9歳の頃に水野弘士の囲碁教室に通うようになり、1986年に入段

 

1993年、22歳で女流本因坊のタイトルを獲得しましたが、これは関西棋院初という快挙でした。

 

以後、女流本因坊は4連覇しています。

 

1994年ならびに1996年には関西囲碁将棋記者クラブ賞を受賞し、1995年NHK囲碁教室「美香の見合い大作戦」の講師を務めています。

 

同年、アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議で特別広報委員を務めました。

 

1998年、女流鶴聖戦に勝利し、タイトルを獲得し、2000年、リコー杯プロペア選手権戦で優勝しています。

2001年7月15日一般人のサラリーマンと結婚

 

2002年、朝日新聞のエッセイ「棋士のひとりごと」を連載スタートし、同年、第1期関西女流囲碁トーナメント優勝。以後、4連覇をしています。

 

2003年、八段に昇段しています。

 

2004年10月26日長女(実美=まみ)を出産し、現在は2人の娘さんがいらっしゃいます。

 

やはり子育てに集中していた時期もあったようですが、2011年には国際試合で一流の中国・韓国の選手に勝利しており、囲碁の腕前は未だ健在です。

 

1998年の女流鶴聖以降タイトルからは遠ざかっていますが、その間、若手の国際メジャー選手を打ち負かす試合を数々繰り広げています。

 

関西棋院のアイドル、吉田美香さんもまだまだこれからですので、吉田美香さんの今後の活躍も期待しています!

 

「ニコちゃん」の愛称で親しまれ、同じくママ棋士の知念かおりさんも要チェックです♪

 

吉田美香さん画像集

※クリックすると拡大します。

20120805_if00120120805_if00220120812_if00120120812_if00320120819_if00220120826_if00120120826_if00220120826_if00420120909_if00120120909_if00220120909_if00320120916_if00220120923_if00120120930_if00120121007_if00120121007_if00220121104_if004

 

引用:囲碁将棋画像ブログ

 

まとめ

 

9歳の頃に水野弘士の囲碁教室に通うようになり、1986年に入段

 

22歳で女流本因坊のタイトルを獲得しましたが、これは関西棋院初という快挙だった。

 

・1994年ならびに1996年には関西囲碁将棋記者クラブ賞を受賞し、1995年NHK囲碁教室「美香の見合い大作戦」の講師を務めた。

 

・1998年、女流鶴聖戦に勝利し、タイトルを獲得し、2000年、リコー杯プロペア選手権戦で優勝。

 

・2001年7月15日一般人のサラリーマンと結婚

 

・2002年、第1期関西女流囲碁トーナメント優勝、以後、4連覇している。

 

・2003年、八段に昇段。

 

・ 2004年10月26日長女(実美=まみ)を出産し、現在は2人の娘がいる。