石井茜のカップや囲碁成績は?結婚や子供は?

 

石井茜さんはボリューミーな茶髪の髪型にふくよかな体形の囲碁女流棋士です。

 

通算8年ほど棋士採用試験に落選しながらも、2007年にようやく関西棋院にて入段することができ、現在は二段になっています。

 

諦めずに挑戦し続けられる精神力が石井茜さんの持ち味です。

 

今回はそんなネバーギブアップの女流棋士、石井茜さんをご紹介いたします。

石井茜さんプロフィール

 

名前 石井茜(いしい あかね)
生年月日 1982年8月2日
血液型 A型
出身地 埼玉県
学歴 日本大学
所属 関西棋院
師匠 菊池康郎
身長 不明
カップ C~Dカップ

趣味はショッピングで、特技は物づくりです。

 

石井茜さんの経歴

石井茜さんは小学校2年生から緑園囲碁学園で囲碁の腕を磨いており、1993年、小学校5年生で第14回全国少年少女囲碁大会で4位に入っています。

 

1994年、小学校6年生では第15回全国少年少女囲碁大会で優勝していますが、これは初の女性優勝という快挙でした。

 

1996年からは日本棋院に所属し、ここから毎年棋士採用試験に臨みますが、敗退が続きます。

 

2000年、17歳で規定により日本棋院を退会。

 

2002年に第1回全日本学生王座戦に出場し3位に輝きました。

 

2003年、2004年とともに棋士採用試験では敗退しています。

 

2005年、全日本女流アマ囲碁選手権で優勝しましたが、棋士採用試験では敗退

 

2006年にも棋士採用試験で敗退しています。

2007年、再度、全日本女流アマ囲碁選手権で優勝後の同年、関西棋院での入段が確定し、ついに悲願のプロ入りを果たしました。

 

2008年、第12期女流棋聖戦で本戦入りしています。関西棋院の新人賞にも選ばれました。

 

2010年に一般男性と結婚しますが、姓は変えずにその後もプレーしています。

 

2011年には二段に昇段し、2014年に長男を出産しています。

 

タイトルの挑戦者決定戦には何度も進んでいる実力を身につけている、今後の石井茜さんの活躍も楽しみです。

 

ぜひネバーギブアップの精神でタイトルを獲得してほしいですね!

 

アマチュアながら可愛くて強いと評判の高倉梢さんも要チェックです♪

 

石井茜さん画像集

※クリックすると拡大します。

 

20110915001docomo16_kisei1_4_005docomo16_kisei1_4_007docomo16_kisei1_4_012docomo16_kisei1_4_0130nZdBoXsimage_06OSK200707200160

引用:囲碁将棋画像ブログ

 

まとめ

 

・小学校2年生から緑園囲碁学園で囲碁の腕を磨いており、1993年、小学校5年生で第14回全国少年少女囲碁大会で4位入賞。

 

・小学校6年生では第15回全国少年少女囲碁大会で優勝していますが、これは初の女性優勝という快挙。

 

・2000年、17歳で規定により日本棋院を退会。

 

・2005年、全日本女流アマ囲碁選手権で優勝しましたが、棋士採用試験では敗退

 

・2007年、再度、全日本女流アマ囲碁選手権で優勝後の同年、関西棋院での入段が確定し、ついに悲願のプロ入りを果たした。

 

・2010年に一般男性と結婚しますが、姓は変えずにその後もプレーしている。

 

・2011年には二段に昇段し、2014年に長男を出産。