大沢奈留美のカップや囲碁成績は?結婚はしているの?

 

大沢奈留美さんは長髪の黒髪に色白の肌、目は細くキリッとしている囲碁女流棋士です。

 

今はもう存在しませんが、女流鶴聖戦という公式戦のタイトルを獲得したこともある実力派でJAL女流早碁の最後の優勝者でもあります。

 

今回はそんなベテラン女流棋士、大沢奈留美さんをご紹介いたします。

大沢奈留美さんプロフィール

 

名前 大沢奈留美(おおさわ なるみ)
生年月日 1976年5月22日
出身地 埼玉県
学歴 埼玉県立大宮東高等学校
所属 日本棋院東京本院
師匠 不明
身長 不明
カップ C~Dカップ

 

大沢奈留美さんの経歴

 

大沢奈留美さんは6歳から父の碁会所で囲碁に親しみ、小学校5年生からは緑星囲碁学園で腕を磨くようになります。

 

1988年、小学校6年生で第9回少年少女囲碁大会で埼玉代表として出場し、6位入賞を果たしました。

 

1989年から日本棋院の院生となりますが1997年に日本棋院を退会

 

その後、全日本女流アマ選手権で優勝し、女流特別採用試験で入段を決めました。

 

1999年、第21回女流鶴聖戦で優勝し、タイトルを獲得しましたが、初段での優勝は日本棋院初のことでした。

 

その後二段に昇段しています。

 

2000年、第22回女流鶴聖戦で準優勝

 

2003年、第24回女流鶴聖戦で2度目に優勝を飾り、ここで三段に昇段しています。

2004年、女流鶴聖戦の後継である第2回JAL女流早碁で優勝

 

2006年、第1回広島アルミ杯若鯉戦で3位となりました。

 

2009年に四段に昇段しています。

 

2014年に一般男性と結婚し、書面にて公式発表しています。

 

相手はフランス人で囲碁の実力も六段に匹敵するそうです。

 

子供はいませんが、妹の子(甥っ子)の写真などをネットにアップしています。

 

2015年に大沢奈留美さんの有志がファンクラブを発足し、同年に2回ほど会合を開いています。

 

ベテランながらもまだまだタイトルを獲得できる力があるので、ファンクラブの応援を力に変えて、ぜひ今後もさらに活躍をしていってほしいものですね!

 

同世代で「最強お母さん」の小林泉美さんも是非チェックしてください♪

 

大沢奈留美さん画像集

※クリックすると拡大します。

doga-osawa2ayumiDSC_0138image_01moblog_33a91520moblog_188b24b6moblog_854e2c8aosawanarumi29000362 (1)000362

 

引用:日本棋院,パンダネット,囲碁サロンさいたま新都心 緑星さいたま・らんか塾,koooji囲碁日記

 

まとめ

 

6歳から父の碁会所で囲碁に親しみ、小学校5年生からは緑星囲碁学園で腕を磨くようになる。

 

・小学校6年生で第9回少年少女囲碁大会で埼玉代表として出場し、6位入賞。

 

・1999年、第21回女流鶴聖戦で優勝し、タイトルを獲得しましたが、初段での優勝は日本棋院初のことだった。

 

・2004年、女流鶴聖戦の後継である第2回JAL女流早碁で優勝

 

・2014年に一般男性と結婚し、相手はフランス人で囲碁の実力も六段に匹敵する実力。

 

・子供はいませんが、妹の子(甥っ子)の写真などをネットにアップしている。

 

・2015年に大沢奈留美さんの有志がファンクラブを発足し、同年に2回ほど会合を開いている。