JTWC(米軍)、ECMWF(ヨーロッパ)、気象庁の予想でこの時期には珍しく、台風23号のたまごの発生予想が出ております。

 

→台風23号最新情報はこちら

 

※ここから下の記事は古い情報

なりますのでご注意ください。

 

日本への影響はないと思われますが、引き続き注意が必要です。

 

気象庁によりますと台風23号のたまごとみられている「熱帯低気圧a」はフィリピンの東にあって西へ20km/h(12kt)の速さで進んでおり、中心の気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は15m/s(30kt)となっています。

 

3日6時には位置はほとんど変わりませんが、中心の気圧は996hPa、中心付近の最大風速は18m/s(35kt)の予想となっており、この時に台風23号と認定される見通しです。

台風23号 ECMWF予想

ECMWFの予想では、11月3日頃に日本のはるか南海上で台風23号の発生が予想されております。

 

この台風23号は11月7日~9日に北上しますが、日本へ到達する前に消滅する予想となっています。

 

またこの台風23号と同時に台風24号の発生も予想されています。

 

また、ECMWF(ヨーロッパ)の予想は10日間予想なので今後予想が変わる可能性は高いです。

 

1478041862I3dN9IZ2kch1ZVk1478041860

引用:ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)

 


JTWC(米軍)熱帯低気圧情報

 

米軍アメリカ海軍(JTWC)の衛星写真では90W「MED」判定の熱帯低気圧があり、これが台風23号に発達する可能性があります。

 

このほかにも99W「MED」と91W「LOW」判定の2つの熱帯低気圧があり、99W「MED」の方は台風24号になる可能性があります。

 

ちなみに「MED」判定の定義は24時間以内に発達する可能性が高まっているが24時間かかる可能性がある物と定義されています。

 

abpwsair

 

引用:JTWC(米軍合同台風警報センター)

 

ちなみにこの「HIGH」「MEDIUM」「LOW」に関して、以下の様に区分されています。

 

JTWC区分

JTWCやECMWFの情報の詳細な見方を知りたい方は下記をご覧ください

JTWC米軍台風情報の見方の詳細解説を掲載!

 


 

気象庁 台風23号予想進路図

気象庁の予想ではまだ詳細な予想は出ておりませんが、3日6時に台風23号として認定される予想となっています。

 

また、この「熱帯低気圧a」の隣に「熱帯低気圧b」もあり、こちらは台風24号に発達する可能性があり、これらの台風は同時期に台風に認定される可能性がありますので、台風の号数が前後する可能性があります。

 

a-00

引用:気象庁

 


美人?可愛い?セクシー?どのN女がタイプ?

台風情報と合わせて可愛い気象予報士さんをご覧ください♪

あの目と仕草にドキッ!コスプレアナ桑子真帆さん!

可愛い巨乳気象予報士と言えばこの人!酒井千佳さん!

NHKニュース7の新女神!?菊池真以さん!