縣梨花のカップや年齢は?報道ステーションの気象予報士!

 

縣梨花さんは大きく澄んだ目に真っ白な歯、笑顔が素敵な気象予報士で、凛とした姿勢にテキパキとした受け答えが印象的です。

 

年齢以上に若く見えるという視聴者が多く、実際の縣梨花さんの年齢を聞いて驚きの声をあげています。

 

今回はそんな美人気象予報士の縣梨花さんをご紹介いたします。

縣梨花さんのプロフィール

名前 縣梨花(あがた りか)
生年月日 1979年6月27日
出身地 東京都
学歴 立教大学
所属事務所 気象キャスターネットワーク
身長 不明
カップ C~Dカップ

 

縣梨花さんの経歴

縣梨花さんは2006年に気象予報士の試験に合格し、大学を卒業してから数年が経過していますので、それ以前は一般企業に勤めていたのではないかと思われます。

 

2006年10月から北海道にある北海道文化放送(UHB)で気象キャスターを担当し、平日の17:54から19:00、土日の17:30から18:00にかけて流れていたローカル報道番組「UHBスーパーニュース」で、気象コーナーの他、リポーターとしても活躍しています。

 

他にも平日9:55から11:20にかけて流れていた視聴者参加型の情報番組「のりゆきのトークDE北海道」で、金曜の気象コーナーを担当していました。

 

そんな縣梨花さんは美人なことから注目を集めていましたが、2011年3月に北海道放送を卒業してしまい、UHBのブログには縣梨花さんに関する情報は一切残されませんでした。

そしてここから快進撃が始まります!

 

なんとテレビ朝日の看板番組で平日21:54から23:10に流れる報道番組「報道ステーション」のお天気解説に抜擢され全国区の活躍をし始めます。

 

おそらくテレビ朝日に引き抜かれたのでしょうが、地方のローカル気象予報士からの成り上がりは凄いですよね!

 

2014年1月には所属するNPO法人気象キャスターネットワークのイベント「気象キャスター座談会」に参加しています。

 

2016年3月で報道ステーションを卒業しました。

 

結婚かな?という疑問もありますが、明らかにはなっていません。

 

縣梨花さんにはまだまだこれからも活躍し続けてくれることを期待しております。

 

清純派のイメージがぴったりの佐藤温子さんも要チェックです♪

 

縣梨花さんまとめ

・2006年に気象予報士の試験に合格。

 

・2006年10月から北海道文化放送(UHB)で気象キャスターを担当。

 

・2011年3月に北海道放送を卒業してしまい、UHBのブログには縣梨花さんに関する情報は一切残されなかった。

 

・テレビ朝日の看板番組で平日21:54から23:10に流れる報道番組「報道ステーション」のお天気解説に抜擢。

 

・2014年1月には所属するNPO法人気象キャスターネットワークのイベント「気象キャスター座談会」に参加。

 

・2016年3月で報道ステーションを卒業

 

画像引用:女子アナキャプでも貼っておく ~Strategic Choice~