スポンサードリンク

台風16号の目の周辺にアイ・ウォールと呼ばれる非常に発達した積乱雲が壁のように取り巻いています。
アイ・ウォールは台風の勢力が強いほどはっきりと現れる特徴があります。

大型で非常に強い台風16号は、10月1日(金)頃に伊豆諸島近海を通過する見込みです。その後、関東の南東海上を通って三陸沖へと進んでいきます。

大雨や暴風により関東やその周辺で生活や交通機関に大きな影響が出るおそれがあるので、最新の情報をこまめに確認して早めに対策を進めてください。

▼No.1お天気アプリ「ウェザーニュース」
https://weathernews.jp/s/download/weathernewstouch.html?fm=youtube
2021年おすすめ天気アプリ ダウンロード数ナンバーワン!世界最大の気象情報会社ウェザーニューズが運営するNo.1お天気アプリ「ウェザーニュース」。予報精度は90%以上の一番当たる天気予報。