スポンサードリンク

10月20日(水)の全国の天気をウェザーニュースキャスターの角田奈緒子がお伝えします。

冬型の気圧配置になり、日本海側は傘が活躍します。北海道や東北日本海側、北陸は、雨が降りやすく、強雨や雷雨になるおそれがあります。沿岸中心に暴風や高波にも警戒をしてください。寒気が強まり、北海道内陸は、段々と雪に変わります。夜は朝よりも冷え込むため、防寒を万全にしてください。

西日本の日本海側は、午前中心に雨が降ります。沿岸では強い風や高波に注意が必要です。東北は太平洋側も、雲が多く、にわか雨の可能性があります。西日本・東日本の太平洋側は、日差しが届きます。ただ、冷たい風が吹くので、昼間もヒンヤリ感じられそうです。体調をくずさないようお気をつけください。沖縄は、日差しが届くことがあっても雲優勢の空で、雨が降る可能性があります。

冬型の気圧配置がみられるようになり、天気でも季節の進みを感じるようになりましたね。北海道山沿いでは、21日にかけて、大雪になるおそれもあります。雪や厳しい寒さに備えてください。

▼No.1お天気アプリ「ウェザーニュース」
https://weathernews.jp/s/download/weathernewstouch.html?fm=youtube
2021年おすすめ天気アプリ ダウンロード数ナンバーワン!世界最大の気象情報会社ウェザーニューズが運営するNo.1お天気アプリ「ウェザーニュース」。予報精度は90%以上の一番当たる天気予報。