スポンサードリンク

おはようございます。
ウェザーニュースキャスターの高山奈々です。

きょうは、強い冬型の気圧配置となり、日本海側は広範囲で大雪や吹雪に警戒が必要です。内陸部や山沿いだけでなく、沿岸部でもまとまった雪が降る予想です。

特に山陰や近畿北部は、積雪が急増するおそれがあります。雪の多い地域を車での移動する場合は立ち往生に備え、しっかりと準備をしてください。

東海や近畿などの市街地でも雪が降りやすく、市街地でも積もる可能性がありますので、注意が必要です。

また、関東や西日本の太平洋側は冬晴れの所が多くなりますが、気温が上がりません。万全の防寒でお過ごしください。

今回の寒波は週明けの28日(火)頃にかけて続き、新たに積もる雪の量は北陸の山沿いで1mを超える予想となっています。こまめな雪かきが必要となりますが、安全を確保して必ず複数人で行ってください。

また、お天気アプリ「ウェザーニュース」では、積雪状況・予想がアニメーションで簡単に見ることができます。今の積雪状況や今後どう変化する予想かを72時間先まで表示し、拡大縮小も自由自在となっています。是非、ご活用ください。

この後も、最新の情報をこまめにご確認ください。
▼No.1お天気アプリ「ウェザーニュース」
https://weathernews.jp/s/download/weathernewstouch.html?fm=youtube
2021年おすすめ天気アプリ ダウンロード数ナンバーワン!世界最大の気象情報会社ウェザーニューズが運営するNo.1お天気アプリ「ウェザーニュース」。予報精度は90%以上の一番当たる天気予報。