スポンサードリンク

東北付近に停滞する前線の活動が活発になります。
台風5号や6号が熱帯から運んできた非常に湿った空気の影響で、前線の周辺では雨雲が発達し、局地的に非常に激しい雨を降らせる見込みです。

道路冠水や低地の浸水、河川・用水路の増水、土砂災害などに警戒をしてください。

▼No.1お天気アプリ「ウェザーニュース」
https://weathernews.jp/s/download/weathernewstouch.html?fm=youtube
世界最大級の気象専門会社が運営するお天気アプリ「ウェザーニュース」
AI技術や日本最大の観測ネットワーク、全国のユーザーからの天気報告を活用し、予報精度No.1を獲得しました。