北朝鮮ミサイル発射でいつどこに落ちる?被害の影響、避難方法最新状況

 

アメリカやロシア、中国の動きが活発になってきていることや、日本政府がミサイル攻撃があった場合の避難方法を発表し、いよいよ北朝鮮のミサイル発射の気運が高まってきました。

 

今回は狙われる可能性のある地域予想東京に落ちた場合の被害シミュレーションミサイル発射の予想時期避難方法についてまとめたいと思います。

狙われる可能性のある地域は?

恐らく北朝鮮はまず第一に韓国の首都であるソウルを狙うでしょう。

 

ソウルであれば北朝鮮国境から40㎞と近い場所にある為、ミサイルを使わずとも狙うことができます。

(北朝鮮の首都平壌は150㎞離れている。)

 

もしソウルを攻撃する場合、長射程火砲等600門あるといわれている火砲が一斉に火を噴き2500万人いるソウルの街は火の海と化すでしょう。

 

次に在日米軍基地が狙われると思いますが、こちらは射程1000キロのミサイルを使用し狙うと思われるのですが日本国内の在米軍基地は嘉手納基地(沖縄県)や佐世保基地(長崎県)、岩国基地(山口県)が射程距離圏内に入ります。

 

もし北朝鮮がミサイルの発射台を日本に一番近い東側に移動させると、横田基地(東京都)、横須賀基地(神奈川県)、三沢基地(青森県)がミサイル攻撃の射程圏内に入ってしまいます。

 

もちろん東京も射程圏内に入りますが、もし東京に12キロトンの核ミサイルが着弾した場合、死者は42万人、被害者は81万人と言われ、大阪に着弾した場合は死者48万人、被害者88万人と言われています

 

この12キロトン核ミサイルが炸裂した場合、爆心地から半径2.5キロは一瞬ですべてが消えてしまうという恐ろしい状況に。

 

また核ではなく生物兵器攻撃を受けた場合、死者だけでも180万人に達するといわれています。

 

文章で書いても分かりにくいと思うので、現代社会において水爆が着弾した場合の被害シミュレーション動画を見つけたので掲載します。

 

ミサイルの発射はいつ頃?

今までの北朝鮮のミサイル発射実験が行われた回数は9回ですが、発射実験を行った理由については以下の理由と言われています。

・アメリカやその他の国から食糧支援を受けたいから

・イランなど武器輸出を行っている国へ自国の技術の信頼性を示すため

・党大会などの大規模な式典を迎えるにあたり国民の士気上昇のため

などなど。

 

また、発射を行っている時期については他の国が軍事訓練を行っている時天候不良は避けており、大きな行事や祝い事付近に行っています。

 

このことからアメリカの空母「カールビンソン」が北朝鮮に近づく時にはこれらの軍事行動は行わないと思われますが、4月25日の建軍節(朝鮮人民軍の創設記念日)が控えている為この付近に何かしらの軍事行動を起こすのではないかと思われます。

ミサイルが発射された時の避難方法は?

日本は北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合、全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達を行い国民に警報を出すようなシステムが整っています。

 

しかしミサイルの種類にもよりますが、ミサイルが発射されて5分~10分で着弾すると言われていますので、Jアラートを聴いた瞬間、もしくは聞く前に着弾しているかもしれません。

 

しかし避難方法を知っているのと知らないのとでは助かる確率が違いますので、ぜひ一度目を通されて訓練を実施しておいたほうが良いと思います。

 

基本的な行動として屋内退避を求め、屋内では爆風で割れたガラスを避けるため窓から離れるよう呼びかけている。

さらに、Q&Aでは、自動車の場合は停車して屋内退避▽高速道路など車外が危険なら停車して姿勢を低くする▽近くに着弾したら口と鼻をハンカチで覆い、密閉性の高い屋内や風上に避難

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000070-san-pol

 

a

引用:http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou2.pdf

 

以下に国民保護ポータルサイトで公表されている資料のリンクを貼っておきます。

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

「弾道ミサイル落下時の行動について(その1)」

「弾道ミサイル落下時の行動について(その2)」

 

発射を防げれば一番良いのですが、現状では難しい状況です。

 

有事が発生した場合速やかに行動し自分の命は自分で守れるようにしておきましょう!