兆乾がかわいい!結婚や国籍、大学や彼氏の情報まとめ!

兆乾さんは6歳から囲碁を始め、現在通算300戦以上も戦っている猛者ですが、めちゃくちゃかわいいという事で話題になっています。

今日はそんな兆乾さんの結婚や国籍、大学や彼氏の情報について調査しました!

スポンサードリンク

兆乾さんの経歴

名前 兆乾(ちょう ちぇん
生年月日 1991年7月2日
出身地 兵庫県西宮市
学歴 立教大学現代心理学部映像身体学科
所属 日本棋院東京本院
師匠 石井邦生九段
身長・血液型
カップ C~Dカップ

10代の頃は毎日将棋漬けで普通の女の子の生活をしたいと大学へ進学し、その際に特にこだわりもなかったので変わった学部を選び、現代心理学部映像身体学科を選択したということです。

兆乾さんの経歴

兆乾さんは兵庫県西宮市出身で、3歳くらいの頃から囲碁のルールを覚え、6歳の頃になるとお父さんに山下順源の教室に連れて行ってもらい、そこで先生から才能を見出され、そこから囲碁漬けの日々が始まります。

学校から帰ってきて毎日7時間程囲碁の勉強をしていたそうなので驚きです。

伊丹市立有岡小学校3年生の時の2000年には少年少女囲碁大会で6位入賞、2001年に西宮市立小松小学校に転向した後の少年少女囲碁全国大会では準優勝します。

その後、石井邦生を師匠とし苑田勇一さんの勉強会に参加するなど実力をどんどん磨きます。

小学6年生の時には女流特別棋士採用試験を受けますが、中学2年生の時には万波奈穂さんに次ぐ順位だったため、入段がかなわずプロ登録はなりませんでした。

しかし、中学3年生の時には再び女流特別棋士採用試験を受け5勝1敗で合格し、見事プロ登録されました。

2008年には女流本因坊戦本戦初出場し、小林泉美六段や井澤秋乃四段を破り、なんとベスト4に輝きます。

2009年には女流棋聖戦トーナメントに初めて出場し、挑戦者決定戦に進みましたが加藤啓子さんに敗れてしまいます。

2011年には第33期新人王戦の予選を突破し、本戦に初出場し、2013年4月19日に勝ち星が規定数になった為、二段へ昇段します。

2014年1月に理由は明かされていませんが、休場します。

2015年10月の第41期新人王戦予選で復帰し、その後は対局を重ね2021年の成績は23戦7勝16敗、2022年は5月9日現在で7戦勝ち無しと混沌としています。

スポンサードリンク

兆乾さんの彼氏や結婚の噂は?

兆乾さんに彼氏や結婚などの情報は全く見当たりませんでした。

大学に行ったことで今まで囲碁の世界しか見えておらず、負けることで全てを否定されたような気持になっていたようですが、大学に行ったことで他の世界にも気を散らせたことで思いつめなくなったと言います。

今は囲碁関係の活動に忙しいでしょうから、しばらくは囲碁界に専念するのではないでしょうか。

スポンサードリンク

兆乾さんまとめ

・兵庫県西宮市出身で、3歳くらいの頃から囲碁のルールを覚え、6歳の頃になるとお父さんに山下順源の教室に連れて行ってもらい、そこで先生から才能を見出され、そこから囲碁漬けの日々が始まった。

・伊丹市立有岡小学校3年生の時の2000年には少年少女囲碁大会で6位入賞。

・2001年に西宮市立小松小学校に転向した後の少年少女囲碁全国大会では準優勝。

・中学3年生の時には再び女流特別棋士採用試験を受け5勝1敗で合格し、見事プロ登録された。

・2008年には女流本因坊戦本戦初出場し、小林泉美六段や井澤秋乃四段を破りベスト4入り。

・2009年には女流棋聖戦トーナメントに初めて出場し、挑戦者決定戦に進みましたが加藤啓子さんに敗れてしまう。

・2011年には第33期新人王戦の予選を突破し、本戦に初出場。

・2013年4月19日に勝ち星が規定数になった為、二段へ昇段。

・2014年1月に理由は明かされていませんが、休場。

・2015年10月の第41期新人王戦予選で復帰し、その後は対局を重ね2021年の成績は23戦7勝16敗、2022年は5月9日現在で7戦勝ち無しと混沌としている。