矢代久美子のカップや身長は?夫や子供の情報は?

 

矢代久美子さんは肩までの黒髪に色白の肌、美人棋士として人気がある40歳を迎えた囲碁女流棋士です。

今回はベテラン女流棋士の矢代久美子さんをご紹介いたします。

スポンサードリンク

矢代久美子さんプロフィール

名前 矢代久美子(やしろ くみこ)
生年月日 1976年7月31日
血液型 B型
出身地 東京都
趣味 読書
所属 日本棋院東京本院
身長 169cm
カップ Cカップ

 

矢代久美子さんの経歴

矢代久美子さんは父親がアマチュア六段で、その教えを受けて育ち小学校3年生の頃から木谷会に入会し(後に仁風会と名を変えています)、囲碁の腕を磨いています。

1989年、中学校1年生の時に日本棋院の院生になり、1994年に入段しプロ入りしています。

NHKの囲碁トーナメントの記録係などを務め1997年に二段に昇段。

1999年には三段に昇段し第1期女流最強戦で準優勝しています。

2001年に四段、2002年に五段に昇段。

2003年、第22期女流本因坊戦のタイトルに挑戦、敗退しましたがこの年200勝を達成しています。

2005年、第24期女流本因坊戦でタイトルを獲得し、この年に棋道賞女流賞を受賞しています。

スポンサードリンク

2006年には金澤秀男七段と結婚し、さらに第25期女流本因坊戦で防衛に成功しました。

2008年には第1回ワールドマインドスポーツゲームズ男女ペア戦で小林覚さんと組んでベスト8入りを果たしました。

2013年には六段に昇段しています。

2006年の30歳の年に金澤秀男七段と結婚してから、NHKの教育テレビ番組「囲碁の時間」の講師を務めた他、著書には「やっしー&陽光の置碁で上達」をNHKから出版し、囲碁の普及に貢献しています。

今のところ子供出産の情報はありません。

女流棋士のなかではかなりのベテランに位置するようになった矢代久美子さんですが、まだまだ第一線で戦える実力と闘志を持っています。

若手が台頭する囲碁女流界ですが、さらに盛り上げるべく活躍してほしいですね。

これから先の矢代久美子さんのご活躍にも期待しております!

台頭する若手の中でもその実力は折り紙付きと言われる藤沢里菜さんも要チェックです♪

 

矢代久美子さん画像集

※クリックすると拡大します。

20130605yashiro00320130605yashiro00420130606yashiro001Img333866945Img3338669514cbcdff6b6955051c2838ff6d110d52258002a0d20120130_112137520130605yashiro00120130605yashiro002image_01 (1)image_01U1161P6T12D2798851F44DT2007031318554613611

 

引用:囲碁将棋画像ブログ

 


まとめ

・父親がアマチュア六段で、その教えを受けて育ち小学校3年生の頃から木谷会に入会し(後に仁風会と名を変えています)、囲碁の腕を磨いた。

・1989年、中学校1年生の時に日本棋院の院生になり、1994年に入段しプロ入り。

・1999年には三段に昇段し第1期女流最強戦で準優勝。

・2003年、第22期女流本因坊戦のタイトルに挑戦、敗退しましたがこの年200勝を達成。

・2006年には金澤秀男七段と結婚し、さらに第25期女流本因坊戦で防衛に成功。

・NHKの教育テレビ番組「囲碁の時間」の講師を務めた他、著書には「やっしー&陽光の置碁で上達」をNHKから出版し、囲碁の普及に貢献している。

 

この他にも囲碁の女流棋士は仲邑菫さん、大沢奈留美さん、小林泉美さん、藤沢里菜さん、加藤啓子さん、長島梢恵さん、石井茜さん、高倉梢さん、向井千瑛さん、王景怡さん、鈴木歩さん、小西和子さん、吉田美香さん、知念かおりさん、万波佳奈さん、中島美絵子さん、謝依旻さん、黒嘉嘉さん、吉原由香里さん、万波奈穂さんも要チェックです♪