竹部さゆりの旦那や子供の情報は?カップや身長まとめ

 

竹部さゆりさんは将棋界の不思議っ子こと「リサリサ先生」の異名を持つ女流棋士で、その独特の感性と毒舌ぶりでも有名です。

 

お陰でブログが炎上することも度々だとかで、本人は「ブログキャンプファイヤー」と呼んでいるそうです。

 

今回はそんな風変わりな女流棋士、竹部さゆりさんをご紹介いたします。

竹部さゆりさんのプロフィール

 

名前 竹部さゆり(たけべ さゆり)
旧姓・木村
生年月日 1978年6月4日
出身地 神奈川県横浜市
学歴 不明
所属 日本将棋連盟
師匠 伊藤果(7段)
身長 不明
カップ B~Cカップ

 

女流棋士番号は37のち19

 

竹部さゆりさんの経歴

 

竹部さゆりさんは8歳の時に学童保育中に将棋を覚え、アマ4段の実力を誇る父親に鍛えらえます。

 

1993年、中学生名人戦でベスト8入りし、奨励会に入会します。

 

当時は女流の千葉(碓井)涼子さん矢内理絵子さんらと共に「奨励会3人娘」と呼ばれていました。

 

1995年4月に奨励会4級で退会し、女流育成会に移籍します。

 

同年10月には女流2級となり、正式にプロ入りしました。

 

1996年4月に唯一のタイトル挑戦となる第4期倉敷藤花の決勝戦に臨み敗北していますが、そのまま女流1級となり、同年10月には女流初段に昇段しました。

 

1997年4月には女流二段に昇段しており、かなりのスピード出世です。

 

しかしここから長く低迷の時期を迎えることになります。

2001年に結婚され、姓を木村から竹部に変更しています。

 

2002年には女流棋士を主役にした映画「とらばいゆ」に出演しています。

 

同年、鹿島杯の決勝に進出するも敗退しています。

 

2003年には女流三段に昇段。

 

2007年から2008年にかけて体調不良を理由に休場し、復帰を遂げています。

 

2014年にはテレビの「アウト・デラックス」に出演し、その個性的なキャラクターでブレイクしました。

 

他の女流棋士と違い、その破天荒なキャラが人気な竹部さゆりさん。

 

より一層将棋界を盛り上げてくれることでしょう!

 

竹部さゆりさんの今後の活躍も期待しております。

 

「奨励会3人娘」の一人、千葉涼子さんも端整な顔つきで人気です♪

 

竹部さゆりさん画像集

※クリックすると拡大します。

41DSC_113229820110521_takebe20141216_95550220141216_955503dsc_0374f0236865_20565f0236865_131410f0236865_2044027koma016_001koma016_002koma016_014

 

引用:マイナビ女子オープン,日本将棋連盟ネット支部,リコー杯女子女流王座戦中継Blog,ねこまどぶろぐ,囲碁将棋画像ブログ

 

まとめ

 

・将棋界の不思議っ子こと「リサリサ先生」の異名を持つ女流棋士で、その独特の感性と毒舌ぶりでも有名。

 

・8歳の時に学童保育中に将棋を覚え、アマ4段の実力を誇る父親に鍛えられる。

 

・女流の千葉(碓井)涼子さん矢内理絵子さんらと共に「奨励会3人娘」と呼ばれていた。

 

・1995年4月に奨励会4級で退会し、女流育成会に移籍。

 

・2001年に結婚され、姓を木村から竹部に変更。

 

・2002年には女流棋士を主役にした映画「とらばいゆ」に出演。

 

・2007年から2008年にかけて体調不良を理由に休場し、その後復帰。

 

・2014年にはテレビの「アウト・デラックス」に出演し、その個性的なキャラクターでブレイク。