大阪・関西将棋会館で行われた第28期大山名人杯倉敷藤花戦室田伊緒女流二段に勝利し、規定通り倉敷藤花戦でベスト8に入り女流棋士2級の資格を得ました

今日は今後が期待される野原未蘭女流棋士について調べていきます。


スポンサードリンク

野原未蘭さんのプロフィール

名前 野原未蘭(のはら みらん)
生年月日 2003年8月4日
出身地 富山県富山市
学歴 富山市立岩瀬中学校→富山第一高校
所属 アマチュア
師匠 鈴木英春(アマ三段
身長 不明
カップ D~Eカップ?

棋風は「かまいたち戦法」「右四間飛車戦法」「菊水矢倉戦法」で有名な英春流

野原未蘭さんの経歴

野原未蘭さんの父(克仁さん)、叔父(野原孝之さん)も将棋をし、叔父の野原孝之さんはアマチュア三段の腕前。

幼稚園の頃からピアノ、バレエ、水泳、チアリーディングを習っており、将棋を始めたのは幼稚園の年長さんの頃、父親の克仁さんの希望で現在の師匠である鈴木英春アマ三段に弟子入りと同時に「晩成塾」に入り腕を磨きます。

野原未蘭さんは2018年7月に開催された「第43回中学生名人戦」で中学3年生(15歳)で史上初の最年少優勝。

翌月の「第50期女流アマ名人戦」でも立て続けに優勝し、2019年12月の「第29回アマ女王決定戦」でもアマ女王に輝いています。

英春流とは

野原未蘭さんは「英春流」の正統伝承者として有名ですが、この「英春流」とはどんなものか気になりますよね!

鈴木英春さんが考えた独創的な戦法で、守り重視の「かまいたち戦法」と攻めの「カメレオン戦法」がメインの柱になっています。

この英春流の初手はAIでも読むことができなかった「疑問手」として、かなり独創的な手として知られています。

この英春流の凄い所はたとえ相手がどんな手で打ってきても対応できる戦法として確立しているところです。

ちなみに矢内理絵子女流名人が得意とした「菊水矢倉戦法」も鈴木英春さんが開発したものです。

今回の大会で女流棋士の資格を得た野原未蘭さんですが、女流棋士になるには通常奨励会に入り2級の資格を取るか、女流棋士養成機関である「研修会」に入ってB2クラス以上、48局以上の対局をこなすかしないと取得できません。

しかし、野原未蘭さんはそれらの方法はとらず、今までに誰も果たしたことのないアマチュアから女流棋士になるという偉業を達成しようとしています。

将棋連盟に資格申請書を提出し、無事に受理されると正式に女流棋士となります。

今後の野原未蘭さんの活躍に期待します。


スポンサードリンク

まとめ

・第28期大山名人杯倉敷藤花戦で室田伊緒女流二段に勝利し、規定通り倉敷藤花戦でベスト8に入り女流棋士2級の資格を得た。

・棋風は「かまいたち戦法」「右四間飛車戦法」「菊水矢倉戦法」で有名な英春流。

・父(克仁さん)、叔父(野原孝之さん)も将棋をし、叔父の野原孝之さんはアマチュア三段の腕前。

・幼稚園の頃からピアノ、バレエ、水泳、チアリーディングを習っており、将棋を始めたのは幼稚園の年長さんの頃、父親の克仁さんの希望で現在の師匠である鈴木英春アマ三段に弟子入りと同時に「晩成塾」に入る。

・2018年7月に開催された「第43回中学生名人戦」で中学3年生(15歳)で史上初の最年少優勝。

・「第50期女流アマ名人戦」でも立て続けに優勝し、2019年12月の「第29回アマ女王決定戦」でもアマ女王に輝いている。


スポンサードリンク