長谷川優貴のカップや身長は?結婚・大学の噂は?

 

女流棋士の長谷川優貴さんは、肩まで伸びた黒髪に少しぎこちない笑顔、AKB48の横山由依さんにどことなく似ていると人気急上昇中です。

 

プロ入り4戦目でタイトルの挑戦を決めて女流二段まで昇段したのは史上最短という伝説を作っています。

 

ライバルは北村桂香女流、目標は里見香奈女流という、今回は20歳の女流棋士、長谷川優貴さんをご紹介していきます。

 

長谷川優貴さんのプロフィール

 

名前 長谷川優貴(はせがわ ゆうき)
生年月日 1995年9月13日
出身地 兵庫県明石市
学歴 兵庫県立明石城西高等学校
所属 日本将棋連盟
師匠 野田敬三(6段)
身長 不明
カップ B~Cカップ?

 

女流棋士番号は44で、棋風は中飛車四間飛車が得意戦法になっています。

 

昔は相振り飛車が苦手で、相手が振り飛車であれば居飛車で対応していましたが、現在は相振り飛車でも対応できるようになています。

 

先手の時は中飛車、後手の時は四間飛車を使う事が多いですが、後手の中飛車も勉強中との事。

 

基本は攻め将棋ですが、受けには少々恐れがあるとの情報も。

 

長谷川優貴さんの経歴

 

長谷川優貴さんの祖母と師匠である野田敬三六段は従弟の間柄

 

そのため小学4年生ごろから「野田将棋教室」に通っており、プロ入りしてからもそのスタンスは変わってはいません。

 

2010年、お母さんが「まだ早い」というのを強引に母親を説得し関西研修会に入会。

 

2011年9月、6連勝でC1クラスに昇級し女流3級となります。

 

このとき、マイナビ女子オープンで本戦入りを果たしていたため女流2級でプロ入りの資格を得ます。

 

2011年10月、女流2級となり第5期マイナビ女子オープンでベスト4まで勝ち上がり、女流初段へと飛付昇段となりました。

【動画】第5期マイナビ女子オープン本戦勝利者インタビュー

 

2012年1月、第5期マイナビ女子オープンの挑戦者となり、女流二段に昇段。

 

プロ入りから4ヶ月でのタイトル挑戦も史上最速という異例のスピード出世でした。

 

同年、上田初美女王にストレート負けを喫します。

その後、2013年、2014年、2015年と、第8期マイナビ女子オープンで本戦入りを果たす以外は予選敗退が続き、低迷中です。

 

まだまだ20歳の長谷川優貴さんです。

 

苦しんだ分だけ成長し、近いうちにタイトル奪取をしてくれることでしょう。

 

大学に進んだという話は聞きませんので、おそらく将棋一本に集中しようと考えているのではないでしょうか。

 

恋人の噂も聞きませんし、今は将棋に専念したいのでしょう。

 

今後の長谷川優貴さんのさらなる成長を期待しています!

 

ライバルと言っている女子大生棋士 北村桂香さんも可愛いので要チェックです♪

 

長谷川優貴さん画像集

※クリックすると拡大します。

120407212 _00182878620820140824093205765hasegawa2f0236865_22415224f0236865_2242981f0236865_2240369420100922026haseyuuhasegawa4000_4099IMG_5293201009220324hasegawa-thumb-450x568-74456e7954de158k15721633235156243620140809_hasegawa1f0236865_1610561120130817_hasegawa1kishishitsu1IMG_048412040721720100922027eadba369hasegawahasegawa3IMG_5333IMG_5639kishishitsu3000_42254ryousya-thumb-450x338-745701920320120219hasegawa00120120219hasegawa00220120219hasegawa00420120219hasegawa00520120219hasegawa00720120219hasegawa00820120219hasegawa00920120219hasegawa01020120219hasegawa01120120219hasegawa01220120219hasegawa01620140809_hasegawa1-uedaf0236865_16111118f0236865_16111697

 

引用:マイナビ女子オープン,日本将棋連盟ネット支部,囲碁将棋画像ブログ

 

まとめ

 

・プロ入り4戦目でタイトルの挑戦を決めて女流二段まで昇段したのは史上最短という伝説を持っている。

 

・昔は相振り飛車が苦手で、相手が振り飛車であれば居飛車で対応していましたが、現在は相振り飛車でも対応できるようになている。

 

・小学4年生ごろから「野田将棋教室」に通っており、プロ入りしてからもそのスタンスは変わってはいない。

 

・2010年、お母さんが「まだ早い」というのを強引に母親を説得し関西研修会に入会。

 

プロ入りから4ヶ月でのタイトル挑戦も史上最速という異例のスピード出世。

 

・2013年、2014年、2015年と、第8期マイナビ女子オープンで本戦入りを果たす以外は予選敗退が続き、低迷中。