山口絵美菜のカップや身長は?結婚・大学の噂は?

 

山口絵美菜さんは2016年ついに女流2級となり、女流棋士としてプロ入りしました。

 

黒髪にさわやかな笑顔、愛らしいえくぼが印象的で、現役の京都大学生というのもインパクトがあります。

 

高校卒業と同時にプロ入りを目指して育成会などに入会する女性が多いなか、勉強と将棋を両立できているのは素晴らしいです。

 

今回はそんな女流棋士なりたてホヤホヤの山口絵美菜さんをご紹介いたします。

山口絵美菜さんのプロフィール

 

名前 山口絵美菜(やまぐち えみな)
生年月日 1994年5月4日
出身地 宮崎県都城市
学歴 京都大学文学部人文学科
所属 日本将棋連盟
師匠 森信雄(7段)
身長 不明
カップ B~Cカップ?

 

女流棋士番号は55で、趣味は勉強と音楽鑑賞。

 

得意戦法は四間飛車

 

大学は京都大学文学部人文学科に所属しており、棋力の向上を目指し「論理的な思考の諦めやすさ」を研究しているそうです。

 

また、京都新聞夕刊の「なでしこ指南」も担当しています。

 

男女通して京都大学出身棋士としては初となります。

 

山口絵美菜さんの経歴

 

山口絵美菜さんはの影響を受け将棋を始めます。

 

ちなみに弟さんは山口孝貴初段(奨励会所属)です。

 

2010年、全国高等学校将棋選手権大会女子個人戦で準優勝し、同年にマイナビ女子オープンに出場。

 

チャレンジマッチを勝ち抜き、予選に駒を進めましたが残念ながら予選敗退

 

2013年に女流3級に昇級します。

 

2015年は苦しい時期が続き、公式戦は3勝6敗と大きく負け越してしまいます。

しかし2016年に起死回生の活躍をします!

 

第38期女流王将戦で中澤沙耶さんと和田あきさんに連勝して予選を勝ち抜き、本戦入りしたのです。

 

これにより女流2級に昇級し、ついに女流棋士としてプロデビューすることになりました。

 

まだ大学生なので、結婚の噂はもちろんありません。

 

才色兼備の女流棋士として名を馳せるのはこれからなので、一日も早く女流初段まで昇段してほしいです。

 

そのためにもタイトルを獲得できる実力と精神力を磨かねばなりません。

 

学業との両立はとても大変なものになるでしょうが、山口絵美菜さんには到達してほしいですね。

 

趣味の勉強を最大限に活かして将棋の道を究めてくれると思います。

 

まだまだ若い22歳、ここからの爆発的な成長と活躍を期待しています!

 

巨乳で話題の里見加奈女流5冠もあどけなくて可愛いと話題です!

 

山口絵美菜さん画像集

※クリックすると拡大します。

img_7538img_7552d96f94afed8d7cfbphoto_11yamaguchi_emina000_42845e43c18c7f620f3120100717_yamaguchi-emina214631507_624a585IMG_c5471-b4cf0IMG_c5650-fa8b7CEl-zXXUMAA6PJgIMG_c5685-85d6bphoto_9photo_10img_754631_2580-575x380

 

引用:西遊棋Web,日本将棋連盟,Kouun-Ryu-Sui 行雲流水,リコー杯女流王座戦中継Blog,森信雄の日々あれこれ日記,マイナビ女子オープン

 

まとめ

 

・女流棋士番号は55で、趣味は勉強と音楽鑑賞。

 

・弟は山口孝貴初段(奨励会所属)。

 

・2010年、全国高等学校将棋選手権大会女子個人戦で準優勝し、同年にマイナビ女子オープンに出場。

 

第38期女流王将戦で中澤沙耶さんと和田あきさんに連勝して予選を勝ち抜き本戦入りし、これにより女流2級に昇級し、ついに女流棋士としてプロデビュー。