貞升南の旦那や子供情報は?カップや身長まとめ!

 

メガネを外すと大きく印象の変わるいつもは少し地味目の女流棋士、貞升南さん。

 

メガネを外すと美形ですが30歳ながら二児の母であり、旦那さんもアマ将棋界の強豪です。

 

今回は将棋マニアが喜ぶそんな女流棋士、貞升南さんをご紹介いたします。

貞升南さんのプロフィール

 

名前 貞升南(さだます みなみ)
生年月日 1986年4月19日
出身地 東京都府中市
学歴 大妻女子大学
人間関係学部 人間福祉学科
所属 日本将棋連盟
師匠 堀口弘治(7段)
身長 不明
カップ B~Cカップ

 

女流棋士番号は55のち31

 

得意戦法は居飛車で、棒銀や二枚銀など昔ながらの戦法を得意としています。

 

さらに貞升南さんは高齢化社会に興味をもっており、社会福祉士、ホームヘルパー2級、ガイドヘルパーなどの資格を有する異色の棋士でもあります。

 

三人兄弟の次女で、姉は医者、弟は銀行員というエリート兄弟です。

 

貞升南さんの経歴

 

貞升南さんは小学5年生の夏、おじいちゃんに教えてもらったことがきっかけで将棋を始めたそうです。

 

2000年、女流育成会に入会し、2001年には第10回アマ女王戦で優勝、さらに全国中学生選抜将棋選手権大会女子の部でも優勝。

 

2003年、女流2級となり17歳で正式な女流棋士となりました。

 

2006年、第29期女流王将戦で本戦入りし、女流1級の資格を得ました。

 

2007年、女流1級となり、第1期マイナビ女子オープンでも本戦出場を勝ち取っています。

 

2009年には第36期女流名人戦でB級リーグ入りし、A級昇格にはならなかったものの残留は果たしています。

 

同年、第21期女流王位戦でも予選を通過していますが、強豪の揃っているリーグでの戦いは過酷で1勝4敗という成績でした。

2010年からはNHK「NHKテレビ将棋トーナメント」の棋譜読みあげ係を担当しています。

 

2013年には、女流初段に昇段しました。

 

2014年、倉敷藤花で初の挑戦者決定戦まで駒を進めますが惜しくも敗退しています。

 

しかし女流王位戦でのリーグ復帰は果たしています。

 

未だタイトル挑戦の機会は掴んでいませんが、チャンスは必ず訪れます。

 

貞升南さんもまだまだ30歳、さらに鍛錬を重ねてタイトル獲得目指して頑張ってほしいですね。

 

これから先の貞升南さんの活躍に期待しております!

 

長い休場の後、将棋界に復帰し活躍している熊倉紫野さんも要チェックです!

 

貞升南さん画像集

※クリックすると拡大します。

kanako239img_6699120728_43420130817_sadamasu120130817_sadamasu220140809_sadamasu2img_6729IMG_9595photo_11photo_12photo_18img_6699 (1)sadamasua158a221B9JefyyCEAI7m3VBtcI7XpCEAADi1OIMG_53098320_4a0248281_2211365720120506_s00120130310_sadamasu001img_670420130407_sadamasu00120130421cs_fujita011IMG_5644img_6684

 

引用:リコー杯女流王座戦,マイナビ女子オープン

 

まとめ

 

・得意戦法は居飛車で、棒銀や二枚銀など昔ながらの戦法を得意としている。

 

高齢化社会に興味をもっており、社会福祉士、ホームヘルパー2級、ガイドヘルパーなどの資格を有する。

 

小学5年生の夏、おじいちゃんに教えてもらったことがきっかけで将棋を始めた。

 

・2000年、女流育成会に入会し、2001年には第10回アマ女王戦で優勝、さらに全国中学生選抜将棋選手権大会女子の部でも優勝。

 

・2003年、女流2級となり17歳で正式な女流棋士となった。

 

・2010年からはNHK「NHKテレビ将棋トーナメント」の棋譜読みあげ係を担当していた。

 

・2013年には、女流初段に昇段。