甲斐智美のカップや身長は?子供や旦那の情報は?

 

ショートカットにパッチリとした目が印象的な女流棋士、甲斐智美さんは、あの中原誠16世名人の門下生でもあります。

 

中原誠16世名人に見込まれただけあって二冠も達成している実力の持ち主です。

 

2014年には最優秀女流棋士賞も獲得しており、現在は無冠ですが、かつて女王と呼ばれた女流棋士、甲斐智美さんを今回はご紹介致します。

甲斐智美さんのプロフィール

 

名前 甲斐智美(かい ともみ)
生年月日 1983年5月30日
出身地 神奈川県川崎市
学歴 不明
所属 日本将棋連盟
師匠 中原誠(16世名人)
身長 不明
カップ C~Dカップ

 

女流棋士番号は21で、得意戦法は以前は振り飛車党でしたが現在は振り飛車党になっています。

 

甲斐智美さんの経歴

甲斐智美さんは7歳の頃、将棋の観戦記者でもあったお父さんの甲斐栄次さんから将棋を教わったことがきっかけで将棋を始めました。

 

1995年、女流育成会に入会、1997年女流育成会を卒業し、中原誠さんの門下生となり女流プロ入りします。

 

ちなみに中原誠さんの門下生で女流門下生は甲斐智美さんのみです。

 

1998年に女流育成会を休会し、関東奨励会に入会後、同年には第25期女流名人位戦のB級リーグで勝ち越しています。

 

2003年、奨励会2級で退会しますが、5年ぶりに女流棋士に復帰し、女流初段に昇段しました。

 

2005年、第32期女流名人位戦でAリーグ入り。

 

2006年には鹿島杯女流将棋トーナメントで優勝し、女流二段に昇段しています。

 

2008年、ネット将棋に挑戦し、第1回ネット将棋女流最強戦で優勝。

 

その勢いのまま、第1期マイナビ女子オープンで初のタイトル挑戦まで駒を進めます。

 

2010年、第3期マイナビ女子オープンでタイトルを獲得、女王となると同時に女流三段にも昇段しています。

 

第21期女流王位戦では予選から勝ち上がり見事にタイトルを獲得し見事二冠となります。

 

2011年、第4期マイナビ女子オープン失冠しますが、第22期女流王位戦は初防衛に成功します。

 

これにより女流四段に昇段しています。

 

また、NHK杯テレビ将棋トーナメントで、タイトル獲得直後までの4年間読み上げ係を務めていました。

 

第61回(2011年度)NHK杯の女流棋士出場決定戦で里見香奈女流棋士に勝利し、対局者として初出場も果たしています。

2012年、王位失冠しますが、2013年にはリベンジを果たし、第24期女流王位戦でタイトル返り咲き。

 

第21期倉敷藤花でもタイトルを獲得し、またも二冠となりました。

 

2014年にはどちらも防衛し、女流五段に昇段し、この年、最優秀女流棋士賞を受賞しています。

 

しかし2015年にはライバルの里見香奈女流棋士に敗北し無冠となっています。

 

これから先のデットヒートも楽しみですね!

 

ナース姿で登場し話題になった島井(横山)咲緒里さんも要チェックです♪

 

甲斐智美さん画像集

※クリックすると拡大します。

img_0097006imgp6972kai11kaia20110109_1846677090725-022_kaieaf7f5a362ebd5314b279bae983fc3cakoma006_001koma006_002koma006_008koma006_009koma006_01120130728sf01920130728sf02020130728sf021720130728sf00120130728sf00220130728sf00420130728sf01220130728sf01720130728sf018

 

引用:マイナビ女子オープン,囲碁将棋画像ブログ

 

まとめ

 

・女流棋士番号は21で、得意戦法は以前は振り飛車党でしたが現在は振り飛車党になっている。

 

7歳の頃、将棋の観戦記者でもあったお父さんの甲斐栄次さんから将棋を教わったことがきっかけで将棋を始めた。

 

・1995年、女流育成会に入会、1997年女流育成会を卒業し、中原誠さんの門下生となり女流プロ入り。

 

第21期女流王位戦では予選から勝ち上がり見事にタイトルを獲得し見事二冠となる。

 

NHK杯テレビ将棋トーナメントで、タイトル獲得直後までの4年間読み上げ係を務めていた。

 

・2012年、王位失冠するが、2013年にはリベンジを果たし、第24期女流王位戦でタイトル返り咲きし、第21期倉敷藤花でもタイトルを獲得し、またも二冠となった。

 

・2014年にはどちらも防衛し、女流五段に昇段し、この年、最優秀女流棋士賞を受賞。